アデプトプログラムの真実





日本で始まったREIKI(レイキ)は今、
海外では保険適用され病院でも使用されています。
代替医療の代表的なヒーリングの1つです。

大正時代に、臼井甕男氏により、靈氣(れいき)は始まり
その後しばらくして、日本の表舞台から隠れてしまいました。
しかし、高田ハワヨ氏を通して、海外に爆発的に広がりました。

そして臼井氏が始めたとされる靈氣が
人間の手を通して、いろいろに変化していき
それが日本に逆輸入される形となりました。


臼井氏は、レイキを鞍馬山で受け取ったとされています。
そしてレイキはハンドヒーリング(手当療法)として広まっていきました。
しかし臼井氏は、レイキで病気が治っても、また同じように
病気になって戻ってくる人々がいるのを見て、不思議に思い
どうすれば、人間は元氣になるのか??

そして、私たちの内側と外側の両方とも繋がっていて
それはまるで宇宙のように、関係しあっている。
表面的な病気という現象を見ていては、
根本からの解決は難しいと気づき、皆がそれを理解できるように
勉強会を始めたのでした。


REIKIと言えば「西洋式レイキ」など、さらにいろんな流派があります。
全部ひっくるめの「れいきフェスタ」で、
れいきの話に花を咲かせて、体験するもよし。練習するもよし。

ご希望の方には、靈綬(アチューンメント)も行います。※1
臼井氏曰く、レイキは、靈綬(アチューンメント)を受ければ受けるほど
強くなるとのことですので、対象の方は、ぜひご活用くださいね。


1.レイキ(靈氣・れいき)のお話
2.レイキと宇宙
3.安心立命
4.レイキの体験
★靈綬(アチューンメント)※1

※1:
・直傳靈氣前期修了者
・エンソフィックレイキ修了者